そらいろ

見てないようで、見てたり。 考えてないようで、考えてたり。 そんなこんなを描いていく テキトーぶろぐ!
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
No  197

計画停電

今日家の周辺地域で計画停電により
3時20分から7時までの間停電状態に陥った。

「家にいても停電するだけ」
そう言われて、
親が税務署に書類を出すというので
暇潰しがてら今日も親に付いて出かけた。

税務署に行く親と別れて
ふらふらと街の様子を見に行く。

出先で見た街は
いつも賑わっているのが嘘みたいに
シャッター街と化していた。

どこを見ても半分閉まりかけのシャッターと
暗い室内。

電気がついているのは銀行くらいだった。

人は大勢いるがどこかそわそわとしていて
焦っているようで、俯く人が多くて、
いつもの街ではないような気がした。

当たり前だよな。
非日常なんだから。
停電してんだから。

そんなことを思いつつ、
ふと気がつくとバイト先のビルの前まで来ていた。

塾校が入っているビルの4階を見上げてみると、
やはり電気はついておらず、暗いまま。

今日はもとより休みの日で
地震がなくても授業はない。

つまりは生徒がいない訳で、
先生は必要とされていない。

といっても、地震のおかげで
いつ講師が必要とされるようになるのかは
まだ分からない。

そんなことをぼーっと考えていたら、
自分の生き甲斐を一つ、
地震に取られた気分になった。

視線をビルの入り口に落とすと
小学生ぐらいの子供が2,3人と
ビジネスカジュアルの服装をした女性が2人いた。

不安そうな顔をしている子供たちに保護者を待って帰るように言ってる所からして、
うちの塾の集団授業を行っている方の生徒と講師だろうと予測をつける。

やっぱりこんな状況下では授業はままならないらしい。

当たり前だよな。

もっと他の場所も見て回ろうと歩きだしたら、
後ろから親に呼び止められた。

計画停電により税務署も仕事ができなくなったそうで、
予定より早く終わってしまったため追いかけてきたらしい。

考えてみりゃぁ、それも当たり前だよな。

お役所仕事がこんな状態でできる訳ない。
一般企業も休業してるのに。

店が閉まっていて何もすることができないので、
もと来た道を戻り駐車場に向かう。

駐車場に戻ると、
雨も降ってないのに赤い傘を差した人がいて。

紫外線じゃなくてあれはもっと違うものを避けようとしているように思えた。
なんか、傘の差した方必死だったから。

車に乗って家に帰る道中もいろんなものが目に付いた。

いつもだったら流れていくただの景色なのに、
地震の影響を受けた街並みは違和感だらけで
ある意味目新しく思えた。

計画停電の効果はその最たるものだった。

どこの店もみんな休業。

デパートも。

ケーキ屋も。

アイスクリーム屋も。

雑貨屋も。

ホームセンターも。

スーパーも。

コンビニは、電気が落ちているものの
店のドアは開いていた。

その状態で営業しているのかどうかは知らないが。

電気がないってことはこんなにも街並みを暗くするのかと実感した。


家に帰ると、
計画停電中であることを覚えているのに、
ついいつものくせで電気をつけようとしてしまった。

電気があるって大切なことなんだって
小さく自分の中で噛みしめた。


計画停電自体は悪いことではなく、
むしろ正しい対処だとは思う。

でも、そんな非日常が不安を煽る。

いつまで続くかもわからないこの現状が
ただ不安になる。

非日常が不安の方へと背中を押しているように思える。

どうすることもできないこのもどかしさを
今はここに綴る術しか自分は知らない。

いつかこれが過去の出来事になって
「なんでこんなことでうろたえていたのだろう」
と思えるようになりたいと思った。



いつもコメントくださる方、拍手ボタン押してくださる方、
ありがとうございます。


関連記事
スポンサーサイト

別窓 | 非日常 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<兄貴の言い分 | そらいろ | 再会>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| そらいろ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。