FC2ブログ

そらいろ

見てないようで、見てたり。 考えてないようで、考えてたり。 そんなこんなを描いていく テキトーぶろぐ!
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
No  265

2012.3.11

毎日に埋没していく日常の存在を、

掘り起こしたのは一つの震災だった。

東日本大震災。

多くの被害を出した天災。

それはある人達のすぐ傍にいた大切な人を帰らぬ人とし、

故郷を飲み込み、

姿を変え、

それだけに飽き足らず、

猛毒を撒き散らすきっかけとなり、

人々の居場所を汚染し、

追い出し、

想いを打ち砕いた。


それでも人は立ち直ろうとする。

立ち向かおうとする。

一歩でも前へと、進んでいく。

「それしかない」と呟きながら、

自身を奮い立たせて。

歯を食いしばって、

涙を枯らせて。

被災された方々は日々を懸命に生きている。


そんな彼ら、彼女らを見て、

知って、

私達がすべきことは何だろうか。

それは問い掛ける人によって様々な返答を受けられる発問だろう。

しかし、私がここで明言したいのは一つだけである。

私達がすべきことは「忘れないこと」。

そしてそれによってあの震災を「過去にしないこと」である。

前に進む人達は、

忘れたくとも忘れられない傷として

震災の被害を、

記憶を、

抱き続ける。

しかしそれでも前に進むために、

忘れようと、

振り返らないようにしようと、

しているのではないか。

そこまで被害を受けていない人々は、

「そういうこともあったな」と

やがて日常として日々の中に埋没させていってしまう。

私達は、

そうやって忘れていってしまいそうな震災の被害を

忘れてはいけない。

忘れることで

過去にしてはいけない。

まだ何も終わってはいない。

震災の被害は明確にその爪痕を残したままだ。

人の心にも、

土地にも。


忘れずに、

過去にせずに、

日々を懸命に生きていこう。

自分のできることから一つずつ。

平凡な日常の幸福さに気づいたなら、

日々の幸せを噛みしめて生きていこう。

傍に大切な人がいてくれる幸せに気が付いたなら、

その人たちを大切にして生きていこう。

毎日を、生きていこう。



今日は女王様の舞台を観に行ってきました。

本当は行く気なかった。

暇なわけではないし、やるべきことはたくさんある。

観に行くのは、自分にもあいつにも甘い気がした。

それに何より、あいつへの想いが冷めてたこともある。

でも、行くことに決めていってきました。

それが自分の愛した日常とあいつの存在だったから。


あ、あいつに対する愛情は、
愛は愛でも「家族愛」みたいなもんですけど(;・w・)


結果は、観に行って良かったですよ。

人間の情を描いたいい舞台だったし。

感動したし。

女王様は、自分のやりたいことを懸命にやってキラキラしていました。

自分の大好きなキラキラな笑顔でした。

やりたいことを、好きなことを一生懸命にやる子どもたちと同じ顔。

輝いていて、見てるこっちまで自然と笑顔になる顔。

…観に行って良かったよ。

ちゃんとあいつにも自分が思ったことの少しは伝わっていたみたいだし。

「来る気なかったよ」って言って、

「来ないのかと思ったよ」って言われて、

「もう、来れないかもね」って言って、

「大丈夫、エンは来てくれるって信じてるから」って言われて、

いつもならその殺し文句に、

浮かれてごまかされる自分なのに、

今日はその信頼が重く感じた。

「じゃ、用事あるから」って立ち去ろうとしたら、

笑顔でチョップされた。

「なんだよ」って言っても、

あいつは笑顔で、

きっと何となく元気がないのはお見通しで、

その原因のどこかも自分にあることは分かっていて、

でも、かける言葉がなくて無言チョップだったのかなぁ

とか思いながら一人で帰りました。


夜からはバイト先の送別会で。

でも、そんなテンションじゃなくて。

それにバイト先の人も気付いてくれて。

ふざけながら励ましてくれたり、

無言で隣にいて背中をとんとんしてくれたりしました。

みんな優しくて幸せなのに、

どこか落ち込んでる自分がいて、

無理に奮い立たせて、

笑った所でむなしくて、

でも何に落ち込んでるのかも分からなくなって、

彷徨いながら、

ノンアルコールでできる限り楽しみました。

先輩とか後輩とかと話してね。

あ、人柄が好きだってまた言ってもらえました。

それだけですげー収穫(笑)


こんな不安定な自分でも状況でも日常を愛していると言いたい。

毎日は輝いているんだと思いたい。

一年前の今日、非日常を経験したから。

日常の尊さに気が付いたから。

自分の弱さ何かに負けたくない。

日々をどう生きるのも自分次第だ。

今生きている今日は、

昨日死んでいった人の、

1年前被災して亡くなった方の、

生きたかった今日なのかもしれない。

今も生きてて欲しかったと

思われている今日なのかもしれない。

五体満足で生きている自分は、

目標に向かって生きることのできる自分は、

自分の弱さなんかに負けていられない。

まだ、頑張れる。

優しさもいっぱいもらったし。

頑張ろう、自分。

自分らしく、一歩ずつ。

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 非日常 | コメント:0 | トラックバック:1
∧top | under∨
<<タイトルなし | そらいろ | 終わったことだよ。>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

No.1 まとめteみた【そらいろ】
毎日に埋没していく日常の存在を、掘り起こしたのは一つの震災だった。 東日本大震災。 多くの被害を出した天災。 それはある人達のすぐ傍にいた大切な人を帰らぬ人とし、 故郷を飲み込み、 姿を変え、 それだけに飽き足らず、 猛毒を撒き散らすきっかけとなり、 人々の居... …
2012-03-21 Wed 01:01 まとめwoネタ速suru

∧top | under∨
| そらいろ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。