そらいろ

見てないようで、見てたり。 考えてないようで、考えてたり。 そんなこんなを描いていく テキトーぶろぐ!
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
No  278

兄貴

うちの兄貴は弱っちい。

6つも歳が離れてるのに。

くだらんことで怒る。

余裕がなくなって怒る。

たった一言で怒る。

くだらねぇ。

そんなつまんねーことで怒るなよ。

心の中で思うけど、

心の中で拳を握りしめるけど、

何も言わない、

何もしない。

だって、兄貴は怒りたい時なんだ。

怒んなきゃ治まらないんだろ。

そう思って、やつあたりに耐える。

そんなことも知らないで、

兄貴は一人自分のために悲観する。

まるで、悲劇のヒーローだ。

自分だけ、悲しい。

自分だけ、苦しい。

自分だけ、恵まれてない。

そして、兄貴は叫ぶ。

「恵まれてる奴には、恵まれてない奴の気持ちはわからないっ。」

ほんっと、アホらし。

あぁ、あぁ、わからねぇさ。

だって、自分は兄貴じゃない。

兄貴の人生は生きてない。

もし、兄貴が恵まれてないないなら、
それはその人生を選んだからだ。

もし、自分が恵まれているように見えるなら、
それはその人生を選んだからだ。

自分で選んで、自分で創った。

たくさんの人に出会って、
たくさんの人に支えてもらったけれど、
創ったのは自分だ。

てめぇの人生は、てめぇで選んで創ったものだ。

それに自信が、誇りが、持てなくてどうする。

そんなのも分からずに、ただうちの兄貴は吠えるのだ。

それがどれだけ情けないことか知らずに、
どれだけ不甲斐ないことか知らずに。

よわっちい、よわっちい、よわっちい、兄貴。

よわっちい、よわっちい、よわっちい、兄貴。

でも、本当は優しい所もあるんだ。

でも、本当は兄貴の気持ちも分かる所があるんだ。

だって、その気持ちは誰もが一度は通る所だから。

自分は中学と高校の時に通った。

その時は「思春期」って言葉一つで済まされた。

兄貴は今だから問題があるんだね。

兄貴は成長途中なんだね。

でも、それを弱くても仕方ない理由にしちゃいけないんだよ。

でも、それを人にあたる理由にしちゃいけないんだよ。

成長途中だからこそ、強くいなきゃ。

上に向かって伸びていかなきゃ。

兄貴には今それが見えない。

「認めてくれ」っていくら叫んだって、

見えなければ社会は認めてくれはしない。

金や甘えを笠に着ないで、立ってみろよ。

強く、強く伸びていけよ。

自分は兄貴を育てる立場じゃないから、

ただあんたの罵詈雑言を雨のごとく浴びながら、

そう思うことにするよ。

恋愛関係がうまく築けない兄貴。

自分だって上手く築けたことないさ。

でも、教師なんて職業に就くヤツはどうにも話が上手く聞こえるらしい。

自分の周りには、いつも自分をなんかしらの形で大切に思ってくれる人がいる。

見る人が見れば、それが人を大勢侍らせているように見えるらしい。

見る人が見れば、それがモテているように見えるらしい。

それを、羨む。妬む。蔑む。

アホらしい感情だ。

だって、その人達は自分が大切にしている人達だ。

誰かが思うような関係もないし、誰かが羨み、妬み、蔑むような対象でもない。

侍らせてる訳でも、モテてる訳でもない。

むしろ何故自分の傍にいてくれるのか。

何故自分のことを大切に思ってくれるのか。

分からないまま傍にいるような関係だ。

それでも、大切にしたい存在なんだ。

ただ、それだけ。

それだけのこと。

つまらない感情でこの関係を見ないでくれ。

つまらない言葉で評価しないでくれ。

大切な人達なんだ。

ただそれだけのことなんだ。

だから、「持ってる」とか「持ってない」とか、

「恵まれてる」とか「恵まれてない」とか、

ガキみたいに、駄々をこねるように、言わないでくれ。

頼むから、聞いてる人間が苦しくなるような言葉を重ねるなよ。

心がいつか黒く汚れて、殴りかかってしまいそうになるから。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<Happy,Happy. | そらいろ | 変化>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| そらいろ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。