そらいろ

見てないようで、見てたり。 考えてないようで、考えてたり。 そんなこんなを描いていく テキトーぶろぐ!
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
No  94

散歩

散歩が好きです。

P8071503_convert_20100809202202.jpg

何も考えずにぶらぶら歩いたり

P8071504_convert_20100809202322.jpg

ひたすら何かを考えながら歩いたり

P8071505_convert_20100809202522.jpg

どこともなく歩いて

P8071506_convert_20100809202640.jpg

景色を見て回るのが好きです。

P8071507_convert_20100809202817.jpg

昔は一緒に歩いてくれる友達がいましたが

P8071508_convert_20100809202945.jpg

今はもういないので

P8071509_convert_20100809203148.jpg

一人寂しく歩いています。

P8081523_convert_20100809204855.jpg

夏の景色を見ていると

P8081524_convert_20100809205101.jpg

隣を歩いてくれていた

P8081525_convert_20100809205259.jpg

その友達のことを思い出します。

P8081526_convert_20100809205523.jpg

どんなに暑い夏の日も

P8081527_convert_20100809205708.jpg

彼女と一緒に

P8081528_convert_20100809205859.jpg

いろんなところを歩きまわりました。

P8081529_convert_20100809210018.jpg

彼女は私に

P8081530_convert_20100809210154.jpg

私の知らないたくさんのことを

P8081533_convert_20100809210440.jpg

教えてくれました。

P8081534_convert_20100809210602.jpg

彼女といるといつも

P8081535_convert_20100809210716.jpg

自然と笑顔になれた気がします。

P8081536_convert_20100809210838.jpg

当時人見知りの激しかった私にとって

P8081537_convert_20100809211020.jpg

彼女は特別な存在でした。

P8081538_convert_20100809211409.jpg

でも

P8081539_convert_20100809211244.jpg

彼女は

P8081540_convert_20100809211540.jpg

夏の雨の日に

P8081541_convert_20100809211710.jpg

いなくなっちゃいました。

P8081542_convert_20100809211843.jpg

その日から私は

P8081543_convert_20100809212020.jpg

雨の日が嫌いになり

P8081546_convert_20100809212327.jpg

青空を見上げることが多くなりました。

P8101556_convert_20100810200203.jpg

空を見上げるのが好きだったのは

P8101557_convert_20100810200319.jpg

私ではなく

P8101558_convert_20100810200903.jpg

彼女だった気がします。

P8101559_convert_20100810201014.jpg

散歩が好きだったのも

P8101560_convert_20100810201200.jpg

私ではなく

P8101568_convert_20100810210318.jpg

彼女だった気がします。

P8101569_convert_20100810210435.jpg

一緒にいるうちに

P8101570_convert_20100810210659.jpg

きっと好きになってたんだと思います。

P8031421_convert_20100804202844.jpg

空を見上げることも

P8041474_convert_20100804223317.jpg

散歩をすることも

P8081545_convert_20100809212201.jpg

彼女と一緒にいることも。

P8081547_convert_20100809212451.jpg

今となっては大切な思い出です。

私に親友と呼べる友達がいたとしたら、

それはきっと彼女のことだったのだろうなと

ただ、思うだけです。


関連記事
スポンサーサイト

別窓 | 空といろいろ | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<えーっと、 | そらいろ | コンタクト>>

この記事のコメント

No.29 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010-08-11 Wed 18:22 | | #[ 内容変更]

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| そらいろ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。